2008年05月21日

ゼロの使い魔 14 水都市の聖女

ISBN978-4-8401-2319-8zero14-thumb10.jpg



迫りくる騎士人形軍団、
才人の決断は!?


ガリア王ジョゼフの野望を砕くため、ロマリアへの協力を決めたルイズ。しかし、最も危険な役割を担う才人を案じたルイズは、ロマリア教皇の持つ「虚無」の力を借り、才人を元の世界へと戻すことを決意する。

才人が突然姿を消したことにとまどうティファニアたちだったが、ガリアを迎え撃つために国境近くの街・アクイレイアへと出発したため、うやむやになってしまう。

一方、ジョゼフの命令を受け、騎士人形「ヨルムンガント」の“軍団”はロマリアを目指して出立していた――。ルイズの運命は、才人の決断は!? 大人気の冒険ラブコメファンタジー第14巻!



感想


はっきりいって大いに失望した巻でした。なぜかというとエロいシーンがほとんどないから(苦笑)。

見所は、ギーシュがティファニアを縄でふんじまって吐かせようとする場面と、才人が記憶を取り戻させようとルイズに迫るシーンかな。

ルイズが才人への思いを断ち切るために、記憶を消してもらったわけだが、記憶が戻るのがあっさり過ぎるような気がする。せめて次の巻まで引っ張るべきだったと思う。

才人がもとの世界に戻ったのかなと思ったら、6000年前にタイプスリップした夢を見ていて、ルイスの世界に居残ったままだったしね。

教皇の化けの皮もはがれました。アンリエッタ様は愕然。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 23:31| ☔| Comment(10) | TrackBack(6) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええ加減ミョズ捕まえるか新しい敵出してほしいです。アンリエッタも戦うより悲惨な事態を防ぐためにみんな戦うということを完璧に失念していてなんかこんな王さまの国に生まれんで幸いでした。
Posted by at 2008年05月23日 20:27
>atさんへ

まだ少女ですからね。認識が甘いのは仕方ありませんね。もうそうそろ物語も終わりでしょう。
Posted by shimada at 2008年05月24日 08:50
13巻のアトガキでヤマグチセンセーが「ゼロはまだまだ続く物語」とおっしゃってます。別にはよ終われといいませんのでダラダラ巻数増やさず物語をちゃんと進めてほしいです。例えばアンリエッタのお株返上一発満塁逆転ホームランとか。(ないんでしょうけど・・・)せめてティファニアを教皇の魔の手から守るとか。
Posted by >shimadaさんへ at 2008年05月25日 19:16
>by >shimadaさんへ

アンリエッタの活躍は見たいですね。ルイスと才人の仲も深まってきたのを考えると、流れ的には終焉でもいいような気がします。だらだら続けられてもね。
Posted by shimada at 2008年05月26日 07:54
失礼ながら、まともに読んでおられないようで。

「悲惨な事態を防ぐためにみんな戦う」←アンリエッタが非難したのは「防戦」自体ではありませんよ。
教皇の判断は、「聖戦のためまず邪魔者をつぶす」というもので、
自分の目的を追求するという意味では合理的ですが、非難されてしかるべきものです。
教皇を弾劾しようとしたアンリエッタの行動はしごく当然です。
Posted by >atさんへ at 2008年05月26日 14:46
すぐ上のレスは、at氏へ向けたものです。
Posted by 上のレスを書いた者 at 2008年05月26日 14:47
文句はないんですが、何でルイズじゃなくてルイスで統一してるんですか?
Posted by at 2008年05月28日 01:55
>atさんへ

ただの書き間違いです。直しておきます。
Posted by shimada at 2008年05月28日 08:07
一番上のコメをしたものです。
「悲惨な事態を防ぐためにみんな戦う」の解釈ですが「悲惨な事態=ガリア軍隊に攻められる」で「防ぐ=国境付近に軍を集める。」という意味です。アンリエッタはロマリアが国境に軍を集めたことが挑発行為でそれでガリアが攻めてきたと言いました。それを弾劾するのは少しちがうなと書いたんですが説明不足で申し訳ありません。
Posted by at 2008年05月29日 19:21
>atさんへ

説明不足というか、「防ぐ=国境付近に軍を集める」という認識がちょっと変です。
アンリエッタが指摘したとおり、教皇の挑発行為なのは間違いないのですよ。作中でもそれは書かれています。

前巻終盤から考えて、その挑発がなくてもガリアは攻めてきたでしょうし、結果として教皇は先を見越していたことになりますが、アンリエッタの怒りはatさんの言ったこととは真逆に、同盟を結んだ君主としては当然です。
生き残るために弱い国は、策謀をめぐらしはしても、大国とまともに戦争することは避けなければならないのですよ。

君主としてのアンリエッタを非難するなら、先にリスクをよく検討せず教皇と同盟を結んだこと自体を責めるべきです。
キャラ叩きともとれるコメントを「するな」とは言いませんが、atさんの一番上のレスは的確な批判ではなく、首をかしげざるをえないものでした。
Posted by rerere at 2008年06月06日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ゼロの使い魔 (14)「水都市の聖女」
Excerpt: アニメ3期を前に最新刊、間に合った(笑) ゼロ使らしいラブコメ展開は少なめ。 そのぶんファンタジー戦記ものぽい展開かな。 アニメ3...
Weblog: SeRa@らくblog
Tracked: 2008-05-22 21:34

[ヤマグチノボル] ゼロの使い魔14 水都市の聖女
Excerpt: 「でもわたし……、やはり耐えられそうにないんです」 ぽつりと、ルイズは言った。それから決心したように、ティファニアのほうを向いた。 「だからティファニア。お願い」 「ルイズ。あなた、まさか……」 「..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2008-05-24 17:55

「ゼロの使い魔」14巻を読んだ
Excerpt: えーっと、ゼロの使い魔、14巻を読みましたので感想などを、少し。 えっと…… ティーゲルの アハトアハト ..
Weblog: 丈・獅子丸の咆哮 (新館)
Tracked: 2008-05-24 21:17

ゼロの使い魔14<水都市の聖女> [ヤマグチノボル]
Excerpt: [[attached(1,center)]] MF文庫J発行    [http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840123195/whenby2006-2..
Weblog: 彩彩華美
Tracked: 2008-05-25 23:03

ベタ台詞と科学の槍・・・ツボの嵐【ゼロの使い魔 14】
Excerpt: ゼロの使い魔 14 === 科学VS魔法―――激突。 === ここ数巻、かなりの酷評をして、前巻にいたってはレビューすらしなかった人気ラブコメアクションシリーズ14冊目。 &#039..
Weblog: ラノベなPSP
Tracked: 2008-05-26 23:37

ゼロの使い魔14 水都市の聖女 ヤマグチノボル
Excerpt: ゼロの使い魔14 (MF文庫 J や)兎塚エイジ メディアファクトリー 2008-05-21売り上げランキング : 14おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools そろそろ..
Weblog: H.N.B Ausf.B
Tracked: 2008-06-03 22:46


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。