2008年01月09日

チェルシー カーリング杯準決勝の第1戦を先勝



ミケル・・・




チェルシー


(4−2−3−1)


             ピサロ

     マルダ     Jコール     SWP
             
        バラック       ミケル

  ブリッジ   カルバーリョ  アレックス   ベレッチ
              
            イラリオ


得点


SWP(前半26分)、レスコットO.G(後半45分)

控え


クディチーニ、フェレイラ、ベンハイム、シドウェル、ベンサハル

交代


Jコール→シドウェル(後半16分)、ピサロ→フェレイラ(後半38分)、マルダ→ベンハイム(後半45分)

 カーリングカップは一発勝負じゃなかったのかと一瞬?と当初思っていました。カーリングカップは準決勝は2戦やるのでしたね。忘れていました(笑)。

 エッシェン、ドログバ、カルーといった選手はネーションズカップに行ってしまい、ミケルは許可をもらい遅れて合流するということで、チェルシーは選手のやりくりが本当に厳しいです。

 マルダとカルバーリョが戻ってきたのは朗報です。マルダを見るのは久しぶりです。

 それで、この試合の布陣ですが、得点力の高いバラックをトップ下にしてもいいような気がします。ただ、Jコールはトップ下もできるし、バランスを考えるとバラックは後ろの方がいいかな。

 この試合はSWPが活躍しましたね。2点のオウンゴールも実質はSWPのゴールでしょう。いろいろポジションを入れかえながら、奮闘していました。あの身長でヘッドを決めたのには驚きました。

 マルダは、復帰したてでまだまだといったところですが、SWPの先制点をアシストしました。

 バラックは、FKとセットプレーでの強さが光りますね。FKはアレックスもいますけど、近距離ならバラックがチェルシーの中では一番上手いかもね。

 失点シーンはイラリオのミスか。飛び出しても届かないのはまずい。

 ミケルは、退場は厳しい判定といえばそれまでですが、精細を欠いているように思います。ネーションズカップで気分一心してくるのがいいかも。

 ピサロはCFでプレーしましたが、ドログバの代役というわけにはいかないですね。むしろ、SWPがCFをやった方がいいかもしれません(苦笑)。

 シドウェルも現状ではあまり期待できそうにないですし、大型補強が必要だと改めて感じさせた試合でした。


 グラント監督、アネルカ獲得に自信「土曜の試合で使いたい」
  http://news.livedoor.com/article/detail/3458526/

 アネルカ獲得は、ボルトンに断られたみたいですけど、懲りずにアタックするようですね。果たして獲得できるか?
posted by shimada at 08:47| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マルダとカルバーリョが帰ってきてくれたのは良かったですが、ミケルはプレーに波がありすぎますね。反省して精神的にムラを無くすようにしてもらいたいですね。
FWの補強ばかりに目が行きがちですが、アンカーとか補強ポイントは多いですね。どんな選手を獲得するのか分かりませんが。
Posted by ランプス at 2008年01月10日 00:33
マルダとカルバーリョの復帰戦、勝てて良かったです。私も当初、カーリングカップも一発勝負やと思ってました(苦笑)
SWPの頑張りは賞賛すべきですが、ミケルはちょっとプレーに波がありすぎますね。反省して精神的にムラを無くすようにしてもらいたいです。
FWの補強ばかりに目が行きがちですが、アンカーとか補強ポイントは意外と多いですね。
Posted by ランプス at 2008年01月10日 00:39
>ランプスさんへ

アンカーはほしいですね。ネーションズカップが終われば問題は解消されますが、マケレレとシドウェルだけでは不安です。
Posted by shimada at 2008年01月10日 08:26
やはりセンターラインの補強は必須ですね。

ショーンのCFは意外と面白いかも?ジョーとショーンの2トップってのはどうでしょう?(ルーニーとテベスみたいな)(笑
Posted by たふた at 2008年01月10日 11:17
>たふたさんへ

ショーンがCFをやっているじゃ駄目なんでしょうけどね。カウンター狙いとか戦術の一つとしては使えるかもしれません。
Posted by shimada at 2008年01月10日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック