2008年01月07日

モウリーニョ氏広報 バイエルン監督就任を示唆



バイエルンかあ・・・




 バイエルンは、歴史もあるし、クラブとしての実績も申し分ないですから、モウリーニョが監督を務めるには申し分のないクラブだとは思います。

 ただ、ドイツというのが気になります。潜在的には、バイエルンの1強状態ですからね。近年は混戦模様になってはいますけど、バイエルンが本気で補強にいそしめば、他のドイツのクラブなど敵ではないでしょう。

 CLでは楽しめそうではあるけど、ウインターブレイクも長いし、モウリーニョファンとしては、かなり物足りない状態に陥りそうな感じがして、なりません。

 個人的には、やはり3大リーグのミラン、リヴァプール、バルサの中の、どれかのクラブで指揮をとってもらいたいです。インテル、レアルでもいいけど。
posted by shimada at 23:13| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モウリーニョ、バイエルンですか!
まあ、私的にはリヴァプールやミランで監督やられるよりは、マシですかね。バイエルンでもそうかも知れませんが、ほかに名前の挙がったクラブに行けば、チェルシーの選手が必ず引き抜きの対象になるでしょうからね。
まあ今でも、理想はモウリーニョのチェルシー監督再任なんですが、絶対無いでしょうからねえ。
もし、CLとかでモウリーニョバイエルンと当たるようなことがあれば、複雑な気持ちになるでしょうね。
Posted by ランプス at 2008年01月08日 22:56
イングランドにはチェルシーが、イタリアにはローマがあるので
個人的にはバイエルンだとリーグ戦は心置きなく応援できますね!(笑)
・・・ってTV中継の問題が心配ですが。。(^_^;)

バイエルンの復活をモウリーニョに託されたとなるとモウリーニョ本人もやりがいあるのではないでしょうか?
なんといっても歴史のあるクラブですし。
Posted by あやっくす at 2008年01月09日 00:36
>ランプスさんへ

油様がチェルシーのオーナーを辞めたら、モウリーニョが帰ってきたりして(笑)。複雑な気持ちにはなるでしょうね。

>あやっくすさんへ

中継という点では心配です。高原も帰っちゃうし、ドイツへの興味があまりないです。
Posted by shimada at 2008年01月09日 08:22
遅れましたが、明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

やっぱりモウリーニョにはミランの監督になって、世代交代を成功させてまたあらたなミラン時代を作ってもらいたい
Posted by ヴィンセント at 2008年01月09日 16:56
>ヴィンセントさんへ

世代交代を実現させるには、ミランのオーナーの認識を変えさせないと、モウリーニョでも難しいでしょうかね?
Posted by shimada at 2008年01月10日 08:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。