2007年09月23日

スパイラル・アライヴ 3

75752114.jpg



消えた13人のブレード・チルドレンのリスト「ミカナギファイル」。その存在を利用する雨苗雪音の真の狙いは、血の復讐なのか!? 伊万里の前に突如現れた雨苗。謀略の糸を引く鳴海清隆。目の前を錯綜する真実が更なる混沌を呼ぶ…!! ガンガンもたまに読んでいるのですが、5巻で完結しそうには思えませんけどね。一巻一巻が分厚くなるのでしょうか?

 ミカナギファイルとやらの実態が、この巻で明らかになりました。多くのものがそれを知っている雨苗を、狙っている構図になっています。

 雨苗自身が本当は何を企んでいるのかは、まだよくわかりませんね。あとは、香介以外の登場人物が、全然、推理の絆の時と外見は変わらんね。2〜3年しかたっていないが。

 伊万里は相変わらずネーミングセンスがあります。少年探偵の次は、ロリロリ探偵とはね。脳内シュミレーションもおもしろいです。

 高町亮子が周辺の中学生をみんな動かせるほどの、影響力を持った人物とは知りませんでした。熊殺し伝説も既にこの頃から有名なのですね。まあ、じきとんでもない美人になりそうだという話で救われるが・・・

 意図は知りませんが、雨苗が警察署から、外にほっぽり出されましたね。伊万里の家に行きましたが、伊万里は大量殺人犯である雨苗とよく二人で大丈夫ですね?しかも泊めちゃってね。やはりある意味怖い存在です。雨苗もカップめん食べたり、漫画を読んでいたり、どうどうと居座っているのもすごいけどね。

 沢村も雨苗と清隆に躍らせた悲しい人間のようですね。ちょっとは、雨苗には沢村への恋愛感情でもあると思ったのですが、現状では無いようですね。

 それと、オオアリクイに襲われる事態になった原因が一番知りたいですね。
posted by shimada at 08:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スパイラル・アライヴ 3
Excerpt: スパイラル・アライヴ 3 (3) (ガンガンコミックス) 著者:城平 京販売元
Weblog: 海星家(みほしや)
Tracked: 2007-09-23 14:20

スパイラル・アライヴ(SPIRAL ALIVE)3巻感想
Excerpt:  いもメガネとトラまたがシナリオにここまで食い込んでくると何の話なのか分からなくなるなぁ。基本的には太陽めざしたイカロスの羽根を耐久テストする話だった記憶がある――いつのまにか雨苗も参加者側だ――のだ..
Weblog: 360度の方針転換
Tracked: 2007-09-25 23:19


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。