2015年07月29日

チェルシーがPK戦制しバルセロナに勝利、ギネス杯



コスタは心配

北米ツアーの3戦目を迎えたチェルシーは、前半10分にアザールがドリブルで相手数人をかわして持ち込み先制ゴール。後半には一旦逆転を許したが、セットプレーからケイヒルのゴールで同点とし、最後はクルトワの好守もあってPK戦を制した。

アザール頼みのチェルシー。彼が抜けたらどうなるのだろうか?

後半途中に交代したコスタと、同点ゴールを決めた際に顔面を打って出血していたケイヒルの状態は心配。

コスタの故障癖には、どうやら今シーズンも悩まされそうですね。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 16:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424670175

この記事へのトラックバック