2015年05月25日

チェルシーが最終節に快勝、ドログバはクラブに2度目の別れ



サンダーランドから逆転勝利を収めて優勝に花添える

5年ぶりにプレミア制覇を成し遂げたチェルシーは、今季限りでの退団を発表したドログバが、ツェフ、テリーらとともに先発に名を連ねた。ホームで勝って退団する選手を送り出したいところだが、26分にフレッチャーに先制点を奪われる。

それでも、ドログバと交代で途中出場したジエゴ・コスタが37分にPKを沈めて試合を振り出しに戻と、後半にレミーが2得点を奪って白星でシーズンを締めくくった。

2004年から2012年までチェルシーに在籍していたドログバは、昨年夏に1年契約で3シーズンぶりの古巣復帰を果たしていた。だが同日の試合前に今シーズン終了をもってチェルシー退団を発表。ホームのスタンフォード・ブリッジで行われたサンダーランド戦が、同選手にとって、チェルシーでの最後の試合となった。

同試合で先発出場したドログバは、前半の30分に負傷を考慮され途中交代。その際、チームメイトが集まって同選手を担ぎ、まさに“キング”の格好で送り出していた。

優勝していても、最終戦は勝利で終わりたいものですね。レミーは出場機会を与えられれば、結果を残してくれる選手だと思っています。コスタと故障時期が被ったのが残念でした。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 15:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。