2015年04月30日

チェルシーが優勝に王手、ドログバは久々の得点



逆転勝利で5季ぶりV王手!

4連勝中と好調だったレスターに対して前半は苦戦し、ハーフタイム直前に先制点を許したチェルシー。だが後半開始直後にドログバのゴールで同点とすると、テリーが逆転のゴールを決め、ラミレスが3点目を加えて勝利を飾った。

英紙『デイリー・メール』によれば、テリーが挙げた今季4点目のゴールは、プレミア通算38点目となり、元エバートンのデビッド・アンズワースがもつDFの最多得点記録に並んだという。

テリーは2000-01シーズンから15年連続でゴールを決めており、DFながら攻撃面でもチームをけん引している。

3日の次節クリスタルパレス戦に勝てば、2位以下の結果にかかわらず優勝が決まります。早いところ、優勝を決めてもらって、消化試合で若手を使ってほしいですね。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 12:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418493696

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。