2014年12月11日

チェルシーが勝利、スポルティングの16強を阻む 欧州CL



主力温存も3発快勝!!

試合は序盤からチェルシーが圧倒。8分にセスクがPKを決めて先制すると、16分にはシュールレのゴールで追加点を奪った。一方、2点を追いかけるリスボンは、50分にホナタン・シルバのゴールで1点を返す。しかし、56分にミケルに得点を許し、再びリードを2点に広げられた。このまま試合は終了となり、チェルシーが3−1で勝利を手にした。終盤に投入されたMFルベン・ロフタス=チークは、これがデビュー戦。18歳の若手は短い時間で存在感を示した。

個人的にシューレルが決めたのが嬉しかったですね。最近はW杯の活躍が嘘のような出来で、移籍話もちらついてました。調子を上げていってほしいですね。アケの怪我で使えなかったのは残念ですね。スタメンで見てみたかったです。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 12:00| 神奈川 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 モウリーニョ監督が戻って、チェルシー好調という感じですね。


 ところで、今日行われている日本の衆議院選挙についても、書かせてください。
 それにしても、この前の衆議院選挙(2012年12月)の時もそうでしたが、大雪や寒さなどに、今回の衆議院選挙も苦しめられています。どういうことなのでしょう?(近年、日本海で降雪実験をやった人間達がいたという話がありましたが、もしかして、組織票で与党を勝たせたい人間達による、何か天候操作のようなことがあるのだろうか?と、また疑いたくなります。)

 おそらく、お天気のため、今日午後2時の時点で、全国の投票率は22.66%で、前回の、史上最低の投票率だった衆議院選挙の時と比べても、4.74ポイント低くなっているとのことです。低投票率が非常に心配です。
 期日前投票は、多少増えたようですが、前回の衆議院選挙の1.1倍ということなので、当日の投票率が上記のようなことになっているので、やはり、今回も、史上最低の投票率になるのでは?と、非常に心配されます。

 与党の組織票は、すでに期日前投票を済ませているかも?とも思われ、そうなると、今回もまた、低投票率による組織票で、与党が勝ってしまうのでは?と非常に心配です。
 前回の選挙で、日本の自民党などが組織票で大勝したために、日本は、軍国国家、独裁国家の方向へ、進みだしている恐れが大いにあると思います。(平和憲法無視、庶民の声や議会無視の、「集団的自衛権」の閣議決定がありました。悪法と評価され、悪用されれば、内閣の悪事は隠蔽され、表現や報道の自由などが抑制されかねない「特定秘密保護法」は、すでに今月10日から、施行されています。)
 それに、自民党政権に戻って、再び日本は庶民いじめのような政治の国になってしまいました。(この前の衆議院選挙の時に、約束されていたはずの子育て世帯への減税は、財源見つからずに棚上げなのに、法人税減税は、財源を見つけてやると、安倍政権は言っています。アベノミクスの円安で、マネーゲームをしている人間達とか、大企業は儲かっているのかもしれませんが、中小企業や、十分に給料を上げてもらえない多くの庶民は、物価高に苦しんでいます。そこへ、更に消費税アップがあり、更に庶民は苦しめられています。)
 そのような安倍政権に抗議するために、多くの方々が投票所へ足を運び、与党の議席を減らすために、野党の候補に投票して欲しいと、私は、願い祈っております。
 ただ、自民党には、自民党のサテライトのような党があるから、見極めは難しいかも?と思いますが、私が思いますに、民主党や生活の党や、社民党は、大丈夫なのでは?と思います。
 共産党も、まあ大丈夫かも?と思います。維新の党は、もしかすると、選挙の後で自民党と合流する恐れあるかも?と思いますが、維新の党以外に与党候補に対抗できる候補がいない場合は、与党に票をあげるより、維新の党の方が良いかも?と思います。
 どうぞよろしくお願い致します。
 ただ、すでに、外出は危険が伴うとか、困難だなどといった場合は、無理はなさらないで欲しいです。どうぞお気をつけて。

 と書いていて思ったのですが、投票ミスにはお気をつけて。
 というのが、投票ミスを誘発するような、変なポスターの張り方をされた投票所があったとか、投票用紙の渡し間違いなどといったこと、結構あったと思うので。
 それだと、折角投票したのに無効票になってしまった、ということになってしまうので。(実は、今回の選挙でも、すでに、選挙区の広報の渡し間違いが、老人ホームだったか?あったそうです。間違った広報を渡された人の票は、無効票になった恐れが高いそうです。)
 投票の際には、ミスをしないよう、落ち着いてしっかりチェックなさった方が良さそうに思います。

 それから、投票時間の繰り上げが、投票日が迫った頃になってから決まる、みたいなこともあったと思います。そういうことが起こると、投票時間の締切が繰り上がったのを知らないで、投票所に行き、投票できなかった、みたいな人々が多く出てしまう恐れがあると思います。
 なので、投票時間も、しっかりチェックした方が良いと思います。

 投票箱が捨てられてしまう、みたいなこともありましたよね。老人ホームのお年寄りが、ホームで投票した投票箱を、投票所に持って行ってもらおうとしたら、宅配業者のあり得ないミス?配達してもらえなかったこともありました。

 それから、上にもちょっと書きましたが、自民党の子分?と思われるような党だの人だのが、結構あると思います。なので、今回も、野党のように見えながら、実は自民党のサテライト?とか、無所属とみせながら、実は自民党の子分、みたいな候補がいるのでは?と思います。(そういう候補を第3の候補として立て、ちゃんとした野党に行くべき票を割れさせて、与党候補を当選させる、みたいな戦術もあるかも?)
 そういったことにも、お気をつけて。

 それから、12年の衆議院選挙の時、選挙直前、日本の多くのマスコミ(たぶん日本の自民党贔屓のスポンサーなどに札束で横っ面を張られていた?NHKもオンデマンドなどやっていたりするので、例外ではないと思います)は、「自民大勝の構え」といったニュースを、派手に流していました。低投票率には、その影響もあったと思います。
 なので、そういったことについても、お気をつけて。

 実は、今日も、すでに、投票妨害?と思われるのようなことが、色々起こっているようです。
 例えば、山口市や三重県の紀宝町では、不手際で投票開始が遅れ、待てなくて投票せず帰宅した有権者の方々がいたそうです。
 また、各地の投票所で、小選挙区と比例代表の投票用紙の渡し間違いなどのミスが、相次いでいるそうです。
 兵庫県たつの市と穴粟市、石川県珠洲市、山口県下関市でもそういうことが起こり、合わせて10人を超える人々の投票が無効になる恐れがあるそうです。
 なので、日本の有権者の皆さん、どうぞお気をつけて。(それにしても、どうしていつもこういうことが起こるのか?まるで選挙妨害です。選挙妨害防止のために、なぜ改善がなされないのか?と思います。例えば、悪天候で投票が難しかった投票所の有権者の人々とか、投票開始が遅れた投票所の有権者の人々については、投票日を1日延長するなどの措置、できないのでしょうか?それから、投票用紙の渡し間違いがあった投票所については、明らかに渡し間違いで書き間違ったと思われる投票用紙は有効にするなどの措置も、あって良いと思います。なぜ、そのような措置が取られないのでしょう?与党自民党は、もしかして、民主主義的な選挙は要らないと思っている?腹立たしいです。今回も、ひどい選挙妨害のようなことばかり起こるなら、選挙のやり直しをするべきと思います。悪天候で投票所に行けない人達のことを考えても、選挙のやり直しは、あって然るべきと思います。大体、その悪天候だって、もしかしたら、天候操作なのかも?)

 日本のために、日本の庶民の人達のために、良い選挙結果になりますことを、祈り願っております。(それは、世界中の庶民の人達にも、勇気を与えることだと思います。) 
 私達の権利を奪われないために、多くの方々が投票所に足を運んでいただければ、と願い祈っております。

 と書いていて思い出したのですが、投票所というのは、大勢の人達が利用する場所なので、やはり、インフルエンザとかノロウィルスとか風邪などに対する予防は、心掛けられた方が良いと思います。マスクの着用、家に入る前にコートを叩いて汚れを落とすとか、帰宅時の手洗いうがいなど、予防、どうぞお気をつけて。(今年のインフルエンザは、高齢の方々の方が重い症状になる恐れがあるというような話、あったように思いますので、高齢の方々は、特にお気をつけて。)

 それにしても、なぜ解散して選挙なのか?
 実は私は、ちょっと妄想しています。
 原因は、うちわ大臣にあったのでは?と…。
 私は、総理にとって仲間のうちわ大臣を庇うため、自民党の上の方の連中が、マスコミや世間向けの目くらましのために、小渕大臣をスケープゴートにしたのでは?と疑っているのですが、もし本当にそうだったら、自民党の中では、反発する人々も多く出たのでは?と思います。(そのせいなのか?「これは自民党の中でのリーク合戦?」みたいなことが、しばらくあったような気が…。)
 反発する人達の中には、安倍下ろしみたいなことも言う人達もいただろうと思われ、党内がバラバラになってしまいそうだったから、自民党の上の方の連中は、安倍政権の延命のため、解散総選挙をして、安倍政権の反対派を粛清しようとしたのでは?と思うんですね。(反対派には選挙で公認を与えないということにして、公認を与えた候補には、安倍政権に忠誠を誓うみたいな念書に血判でも押させているのでは?などとも妄想してしまいます…。)

 もしそうだとしたら、なんと自己中で、しかも、酷い話と思います。
 そうでなくても独裁色の強い安倍政権が、益々独裁的になってしまう恐れがあるということだと思うので。
 もし、そういうことになっているのなら、絶対与党の議席は減ってもらわないと困る、と私は思います。
 独裁政治は嫌いなので。それに、独裁だと、日本の平和も心配なので。(集団的自衛権の閣議決定などもありますから…。集団的自衛権が、悪用されれば、他人の喧嘩に首突っ込んで暴れる日本になってしまいそうです。)

 何度も繰り返してすいませんが、私のように、独裁政治は嫌いだと思う方々や、平和を愛する方々、それに、安倍政権の庶民いじめのような政治に抗議したい方々は、是非、今回の選挙に足を運んで、与党の議席を減らすために、一票を投じて欲しいと思います。
 年の瀬だったり、インフルエンザも流行りだしたりなど、組織票以外の人達は、選挙どころでない時期かもしれませんが(それが今選挙をしようという自民党の狙い?とも思います)、日本の民主主義を守り、良い新年を迎えるために、是非多くの有権者の人達が、選挙に参加なさいますように、心から願い祈っております。
 どうぞよろしくお願い致します。
(下の私のコメントに続きます。)
Posted by 通りすがりの空 at 2014年12月14日 17:21
(下の私のコメントに続きます。)
 ところで、話を変えてすいませんが、インドネシアのジャワ島で、12日に起こった、大規模な地滑りについても、書かせてください。
 犠牲になられた方々が出ているそうです。痛ましいです。
 更に、100人ぐらいの方々が行方不明だそうです。非常に心配です。

 亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
 怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。
 行方不明になっている方々の、一刻も早い発見と救助を祈ります。

 インドネシアの当局の方の話によると、救助隊の人々が手作業で土砂を掘り、行方不明の方々の捜索に当たっているそうですが、現地は非常に困難な状況で、道路を埋めた土砂を取り除くために重機が必要なのだそうです。
 別の防災当局者の方は、救助隊員の200人の人々とボランティアの500人の人々が、行方不明者の方々を捜索している、と述べたそうです。

 被害の状況が厳しいようで、とても心配です。
 行方不明者の方々は、土砂に埋まっているのか?別の場所に避難しているのか?はっきりしていない状況のようです。
 しかも、現地は電話が通じていない場所のため、救助作業は一層困難になっているのだそうです。

 なので、インドネシア当局の方々も頑張っていらっしゃると思いますが、国際社会の方々も、本当に色々大変とは思いますが、必要に応じて、捜索・救助・救援活動などに、ご協力なさっていただければ、と願い祈っております。(例えば、重機の貸出あるいは輸送、通信の確保などへのご協力など、なさっていただくと良いかも?などと素人考えしております。)
 行方不明の方々が、土砂に埋まりながらも生き延びていらっしゃる場合、生還率が高い時間のリミットまで、もうあまり時間がなかったように思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
(上の私のコメントの続きです。)
Posted by 通りすがりの空 at 2014年12月14日 17:22
(上の私のコメントの続きです。)
 それにしても、日本のお天気、心配です。
 今日もチェックらしいチェックができてないのですが、大雪や寒さなどに警戒や注意が必要な地域があり、大雪に関しては、交通障害などに注意警戒が必要な地域があるようです。
 また、雪崩、電線や樹木への着雪にも注意が要る地域があるようです。(ということは、ど素人考えですが、落雪などの雪害への注意や、雪下ろしや雪かきの際の事故などへの警戒も要る?それに、着雪などのために停電などが起こると、オール電化の家に住んでいる人達は、避難所とかご近所の安全な家などに避難できない場合、家の中で凍えてしまう恐れもあるから、そちらへの警戒や備えが必要?)

 今色々書けなくてすいませんが、大雪や寒さなどに、警戒や注意が必要な地域の方々は、マスコミや、マスコミのデータ放送や(NHK地上波総合のデータ画面など、お役に立ちそうに思います)、ネットなど使って(例えば、気象庁のサイトなど)、情報更新も考えつつしっかり情報収集なさった方が良いと思います。(やはり最新情報の入手は大事と思います。それと、この前の長野の地震や東北の震災など、遠くない時期に災害被害があった地域は、通常の場合より、災害に対して弱くなっている場合もあると思うので、そういう地域にお住まいの方々は、その分、災害に対して、警戒を増した方が良いのでは?とも思います。)
 と書いていて思いましたが、地方の情報は、地方の方が詳しいだろうということで、全国的なマスコミなどの情報以外に、地方のマスコミとか地方の気象台などからの情報の収集、なさった方が良いと思います。(気象庁発表の情報の最後にも、「地元の気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意してください。」みたいなことが、いつも書かれているようなので。)

 そして、これも素人考えですが、早目早目に災害に備え、必要がありましたら、避難は早目になるべく明るい内になさって(もしかすると、財政難のために、中々避難指示や避難勧告に踏み切れない自治体などもあるかも?なので、状況によっては、自治体の避難所設営を待たず、自主的に避難というのも、ありでは?と思います)、残念ながら避難も難しいような状況になったら、家の中のより安全な場所に避難するなど、なさった方が良いと思います。(避難も難しいような状況というのは、素人考えですが、危険性が高いなどの理由で、屋外で活動することが難しい状況などが該当するだろうと思います。例えば、夜間は、周囲が見え難いので、やはり、避難は難しいだろうと思います。他にも、避難が難しいような状況というの、色々あるかも?と思います。それと、これもど素人考えですが、避難が難しいような状況が、複数重なった場合、更に避難は難しくなるだろう、とも思います。)
 でも、避難も難しいような状況になった時でも、どうしても避難が必要、という場合もあるかも?そういう場合は、これもど素人考えですが、2次災害には十分気を付けつつ、自衛隊のようなプロの人達に、避難のサポートをしてもらって避難する、という方法もあるかも?と思います。(ただ、夜の暴風雪のような状況になると、自衛隊でも出るのが無理かも?とも思いますが…。)
 どうぞお気をつけて。

 と書いていて、ちょっと思い出したのですが、上に書きました雪下ろし中の事故ですが、ど素人考えですが、強い風が吹いている時に雪下ろしというのは、若い人達でも、危険性が高すぎるのでは?増して、高齢者の方々がなさるというのは、無理なのでは?と思います。
 とはいえ、放置すれば家が潰れてしまう危険がある場合もあると思われ、なので、そういう場合は、とにかく、雪下ろしができるような状況になるまで、潰れそうな家の人達のためには、避難所を作ってあげて、避難できそうな状況だったら、そこに移動してもらったらどうだろうか?と思います。
 ただ、避難が難しい状況もあるかも?その場合は、家の中のより安全な場所に避難してもらうなど、してもらったらどうだろう?とも思います。素人考えですが。
 と書いていて、更に思ったのですが、雪下ろしができそうなお天気になっても、すでに雪が積もり過ぎていて、屋根に上ると屋根が落ちそうだなどというような、雪下ろしが危険な状況になってしまう場合もあるかもしれないですね…。
 そういった場合は、屋根に上らなくても雪下ろしができるような方法があれば、と思いますが…、例えば、自衛隊だったら、何か方法があったりしないでしょうか?
 そういえば、日本の民主党政権の時は、高齢者の方々を危険な雪下ろしから守るため、「雪下ろし隊」みたいなシステムが、確か、自衛隊の人達に協力してもらうなどして、あったと思うのですが…。
 安倍政権になって止めてしまったみたいですが(本当に、安倍政権は、庶民の暮らしを守るつもりがあるのでしょうか?)、「雪下ろし隊」は復活させるべきと思います。

 と書いていて、更に思い出したのですが、日本の民主党政権の時は、高齢者の方々が一人で雪下ろしをするのは、事故などで命を落とされる危険が高いということで、「一人で雪下ろしをしないように」等、雪下ろしの際の危険を避ける方法について、色々な注意喚起や情報提供が、マスコミからあったように思うのですが、この頃は、あまり聞かないように思います。
 これも、もしかして、政権の違いから来ているのでしょうか?(民主党政権の時は、注意喚起や情報提供をマスコミに要請していたけれど、安倍政権ではやってない、みたいなことがあるのでしょうか?)
 だとしたら、私達は、庶民の暮らしを顧みてくれない安倍政権のやり方に対して、「ノー」を表明して、前民主党政権のやり方に「イエス」を表明すべきではないでしょうか?

 ところで、雪下ろし経験のない私のど素人考えなのですが、町内会などで、ご近所で高齢者の方が一人で雪下ろしをしなければならなくなりそうなお宅を割り出して、雪下ろしの緊急性の高さで優先順位を付け、まだ雪下ろしの緊急性が低い家の若い人などに、優先順位の高いお宅の雪下ろしのサポートに行ってもらう、などというのはどうでしょうか?
 そして、緊急性の高いお宅の雪下ろしが終わったら、サポートに行ってくれた人の家の雪下ろしを、皆で手伝って片づける、みたいなシステムにしたら、どうだろうか?とも思うのですが…。(「雪下ろし隊」、安倍政権には期待できないのでは?という気もするので…。)
 雪下ろしが可能な日が、お天気の加減で少なかったりすると、サポートに行ってくれる人の家の雪下ろしが難しくなってしまう等のことなどがあるかも?とも思いますが、雪下ろし経験のないこんな私の意見でも、もしかして、ご参考になることあれば、と思い、書かせていただきました。すいません。(それにしても、日本の民主党政権が懐かしいです。)

 ところで、色々偉そうに書いていてすいませんが、私はど素人なので、上記の話以外に、日本のお天気関連の話で、警戒すべきことなどや、警戒すべき地域などがあっても、チェック漏れしている恐れがあります。
 チェック漏れがありましたら、お許しください。

 それから、これもど素人の悲しさですいませんが、もしかすると、上記の日本のお天気関連の話の中で、間違ったことを書いてしまったかも?とも思います。
 もし、そのようなことがありましたら、そちらも、どうぞお許しください。

 それから、書き忘れていたのですが、すぐ上の方に、
 「避難は早目になるべく明るい内になさって」
と書いたのは、夜間で周囲が暗くなり、避難が難しい状況になっても、避難が必要な場合もあるかも?と思ったからです。
 夜間のように、避難が難しい状況になっても、避難が必要な場合は、2次災害にはくれぐれも気をつけつつ、自衛隊などのプロの人達に、避難のサポートをしてもらっては?と思います。これもど素人考えですが。(ただ、夜の暴風雪のような状況になると、自衛隊でも出るのが無理かも?とも思いますが…。)
(下の私のコメントに続きます。)
Posted by 通りすがりの空 at 2014年12月14日 17:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。