2007年05月05日

モウリーニョ どうしてこんなに勝てるのか? 感想

31880642.jpg  モウリーニョの事について書いているこの本を立ち読みしました。
トレーニングのやり方とか戦術論など、モウリーニョの事を知るには、最適な本かも知れませんね。 モウリーニョは、
いろいろ言われており、好き嫌いが激しく分かれると思うのですが、少なくとも需要はあるようですね。  それはそうと・・・・・

   この本の中で気になったのは、チアゴとランパードは185なのに、マケレレの身長が160(見間違い?)という下りです。  マケレレが背が低いのは確かだけど、
流石にそこまで低くはないでしょうと突っ込みたくなりました。170はあったように思います。


  それと、チアゴの名前を見つけて、
ランパード、チアゴ、マケレレの3センターはよかったなあ。
一番好きだったなあということを思い出しました。


                                 余談


                       ●チェルシー、トニ獲得へ乗り出す?


  トニは、年齢は高いけど、フィジカルが強く、ヘディング、決定力に優れているので、プレミア向きだと思います。ポストプレー、
1トップもできるので、獲得できればドログバの負担も減るだろうしね。チェルシーにあっている選手でしょう。バイエルンに行くのなら、
チェルシーにきて欲しいというのもあります。来年CL出られませんからね。ただ、インテルがアドリアーノとのトレードで獲得するのが、
本命かな。


                      ●ロッベン移籍?


 ロッベンがバルサ移籍を希望しており、レアルも狙っているらしいけど、
チェルシーにしたらいいオファーがあれば放出してもいいんじゃないかと思います。突破力はもちろん魅力的ですが、なにより怪我が多いし、
不平不満は言うし、チェルシーの4-3-1-2システムでは使いにくいですからね。


                      ●シェフチェンコ、ミランに復帰?


 この話も、ミランからいいオファーがくればミランに戻してもいいような気がします。
トップ下にデコみたいな選手を獲得できれば別でしょうが、今のチェルシーからすると来年もそんなに活躍はできんと思うし、
シェフチェンコにとってもミランの方が活躍できると思う。ミランの会長もシェフチェンコの復帰への願望も隠していないし、
大いにありえる話かな。


                      ●クレスポ、イタリア残留希望


 クレスポは呼び戻したいところなんでしょうが、やはり難しいようですね。
無理やり戻してもモチベーションの問題もあり不完全燃焼で終わる可能性も高くなるでしょう。


 


 後で追加します。

posted by shimada at 08:41| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。