2014年06月15日

日本が先制もコートジボワールに敗れる



力負けやな

日本は本田圭佑のゴールで先制したものの、後半に入りドログバを投入したコートジボワールの圧力に屈し、1─2の逆転負けとなりました。ボール支配率では日本の43%に対し、コートジボワールが57%。シュート数はコートジボワールが20本を数えたのに対し、日本はわずか7本だった。

コートジボワールのほうが純粋に強かったですね。日本は本田の技ありシュートで先制しましたけど、それ以降は、ほぼ見せ場なし。相手のフィニッシュの拙さに助けられていました。途中出場のドログバは、得点こそなかったですけど、前線の起点となって存在感を発揮していました。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 12:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。