2007年04月06日

「Fate/stay night」第3巻 感想

200602000155.jpg

          少年エースで連載中!

学園に死の結界が設置された。それを除去するため、士郎は凛との共闘を開始する。しかし、結界を張ったライダーのマスターは間桐慎二だった。
   同じ出版社の月姫が好きなのが縁で買っています。

      どんな内容の漫画かというと、

 どんな願いも叶うといわれる聖杯を巡って行われる「聖杯戦争」--。それは7人の魔術師と呼び出されたサーバント(使い魔)による戦い。生き残ったものだけが聖杯を手にすることができる。主人公「衛宮士郎」(えみやしろう)はごく普通の学生。ただ少し違うのは素人が特訓した程度の半人前の魔術師であるということ。聖杯戦争の存在すら知らない主人公は自分の意思とは無関係にサーバント「セイバー」を呼び出してしまい、聖杯戦争に参加することとなる。

話のあらすじはゲームやアニメでわかっているので、私自身とくに驚きの展開はないですが、好きなキャラクターである間桐桜が士郎のことが好きなことがよくわかる下りのところがGOOD!です。

桜は兄のことは何でも聞くけど、士郎と会うのはやめろということだけは嫌だといったやりとりで、暗い雰囲気と意志の強さのギャップがいいです。

付き合っているわけでもないのに、毎日士郎の家に朝食と夕食を作りにいってることは、他人から見れば、付き合っていると、どう考えても思いますよね(笑)。絵もきれいです。女性キャラが上手く描かれています。

士郎と凛のやりとりもおもしろいですね。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 18:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

★4/13新着コミック情報(9作品)
Excerpt: ★このページ関連情報へのトラックバックも歓迎いたします。【お得なお知らせ♪】★獲得したポイントで、現金や図書カード、商品券と交換♪PrizePrize懸賞ポイントサービスちょびリッチ.com西脇だっと..
Weblog: コミック主義@楽天
Tracked: 2007-05-29 20:19


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。