2012年01月09日

マンUがマンCを下し4回戦へ、チェルシーは4ゴールでポーツマスを下す



スコアは快勝だが…


マンチェスターダービーは例年になく盛り上がるようになり、黄金カードの様相になってきました。

チェルシーは格下相手に前半を0−0で終える嫌な展開となるが、48分にマタのゴールで先制。その後も試合を決めきれずにいたが、85分と87分にMFラミレスがゴールを奪って、勝負あり。終了間際には、ランパードも得点を記録し、終わってみれば4−0の大差となった。

ランパードは何だかんだいって最近ゴールを量産するようになりましたね。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 13:46| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。