2011年12月19日

FCバルセロナ、サントスを破り世界一に クラブW杯



バルサの強さは異常


バルサが勝つだろうとは思っていましたけど、ここまで大差がつく試合になるとはね。バルサのボール支配率は75%でバルサがサントスを圧倒しました。

サントスは前半は防戦一方。後半はネイマールがGKと1対1になるなど、バルサ陣内で攻撃する時間帯もあったが、バルサの堅い守備を崩せませんでした。

ネイマールはバルセロナのプジョルに徹底的にマークされてなかなかいいところは見せらず、それに対してバルサのメッシは2得点。TVではネイマール対メッシのスター対決を煽っていたけど、結果は歴然でした。


ブログパーツ

アクセスランキング

posted by shimada at 11:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。