2011年12月07日

チェルシー、マルセイユらが欧州CL16強入り



ドログバは今だ健在


グループリーグ突破が危ぶまれていたチェルシーですが、バレンシアに快勝してリーグ首位通過を決めました。
調子の悪かったランパードを外してきたのと、DFラインをニューカッスル戦に続いて低くして試合に望んだことにはすごく共感を覚えました。できればもっと早くやってほしかったけどね(苦笑)。

バルセロナは主力選手14名を温存して、CLグループ最終節に臨んだバルサは、 BATEをいとも簡単に退けました。バルセロナBの選手を大量起用しましたが、セルジ・ロベルトのゴールを皮切りにモントーヤ、ペドロ(2ゴール)の得点で4-0と快勝。さすがですね。


ブログパーツ

アクセスランキング

posted by shimada at 10:24| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。