2011年04月27日

マンU敵地でシャルケに快勝、決勝進出に前進 欧州CL



順当な結果ではある


両チームにこれだけ力の差があるとは思っていませんでした。シャルケのGKノイアーのスパーセーブの連発がなければ、もっと点差は開いていたでしょう。

シュート数の18対9(うち枠内シュートが10対5)、ボール支配率は65%対35%とマンUがシャルケを
圧倒。内田もこれだけ守りっぱなしの試合になるとは思っていなかったでしょうね。

シャルケはアウェーゴール2を献上してしまったのは、実力差を考えても追い込まれてしまいましたね。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 12:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。