2011年03月09日

バルセロナ メッシの活躍でアーセナル破る、欧州CL



ホームのバルサはやはり強いですね


ピケとプジョルのCBの両輪が出場できず、守備の不安が指摘されていたバルサ。そんなことは全く感じさせずに、圧倒的にボールを保持して試合を進めました。

バルサのCB・ブスケツ、アンカー・マスチェラーノ、左SB・アドリアーノの選択肢はベストだったと思います。

アーセナルとしては、前半のGKシュチェスニーの退場。代わったアルムニアが見事なパフォーマンスを披露してはいたが、貴重な交代枠をGKで使ってしまったという意味で。

それと、せっかく同点に追いついた状況協でのファンペルシの2枚目のイエローカードでの退場が悔やまれますね。アーセナルの後半唯一にして最大のチャンスが87分にあったわけですが、ベントナーではなくて、ファンペルシーだったらファーストタッチをしくじらなかったろうに…

ただし、ファンペルシーの1枚目のイエローがあまりにも軽率だったのが遠因。前半終了間際に、アビダルに小競り合いから喉をつつかれ、イラッとしたファンペルシが、別のプレーでアウベスを突き飛ばしてイエローをもらってしまった。審判の印象が悪くなったのもその事が念頭にあったかもしれません。

なんだかんだいっても、ポゼッション69%対31%、アーセナルのシュート数0。イエローカードをアーセナルは5枚で、バルサが0、ファウル数もバルサは8に対して、アーセナルは19。という有様では、いずれにしろバルセロナの勝ちは揺るがなかったでしょうがね。ちなみに、アーセナルの唯一の得点はオウンゴールでした。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 12:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

サッカーは世界地理を学ぶ最適な教材!!かも? 【サッカー 欧州CL】 
Excerpt:   サッカーのヨーロッパクラブNo.1を決めるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第2戦8試合の内、4試合が8日、9日行われ、2大会ぶりの優勝を目指すバルセロナ(スペイン)を..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース201X (ちょっと時事ネタも) 
Tracked: 2011-03-10 18:31


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。