2010年12月03日

W杯開催地、18年はロシア 22年はカタール



金と新市場開拓が決め手


18年W杯でロシアが勝った事にはそれほど驚きはありませんでした。事前予想ではイングランドが本命とされていましたけど、それほど他に比べて優位といえるほどではなかった思ったからです。

22年W杯のカタールは驚きでした。カタールは夏50℃以上になるので、そんな環境でサッカーをやろうと理事達が選ぶのか疑問だったからです。

この2カ国ともその地域でW杯が開かれた事がなかったということと。資金面で政府の全面的なバックアップがあったことが他の国との違いでした。

ロシア、カタールとも既存の競技場だけでは対応できず、これから新設しなければなりません。カタールなどはエアコンをつけて競技場の温度を27℃ぐらいまで下げるとのこと。

スポーツイベントも金の時代になりましたね。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 09:39| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。