2009年12月18日

サッカー欧州チャンピオンズリーグ2009-10、決勝トーナメント1回戦の組み合わせ決まる



イタリア勢にとっては最悪か?


ミランはマンU、インテルはチェルシーとイタリア勢2チームは対戦する事になりました。この2チームにとっては全くついていない
といえるでしょう。

最も対戦相手のマンUとチェルシーもベスト16で対戦したくは
なかったでしょう。

ミランのCLの試合巧者ぶりは知られてますし、インテルもポテンシャルではプレミア勢に比肩するものがあります。

ミランに復帰予定のベッカムとモウリーニョにとっては古巣対決になります。

モウリーニョにとっては、今季はCLでの結果が求められていますが、自身が作り上げた最強チームチェルシーがその前に立ちはだかります。

チェルシーファンにとってはかなり複雑ですね。モウリーニョには頑張ってほしいだけに、できればチェルシーとは決勝で当って欲しかったです。

ちなみに、ベスト8勝ち向け予想としては、ボルドー、バルセロナ、チェルシー、バイエルン、セビージャ、マドリー、アーセナル、マンUです。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 22:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。