2009年10月01日

チェルシーがアポエルを下し2連勝、ポルトはアトレティコ・マドリードに勝利



結果オーライかな?



チェルシーは、キプロスリーグの王者とはいえ、対戦相手との実力差からすれば、勝利して当然の試合だったと思いますが、かなり際どい試合になってしまいました。

ベレッチがバラック、イバノビッチがボジングワの代役で先発。

ドログバ不在ということで、アネルカの1トップで4-3-2-1の布陣でした。

どうも、ドログバがいない時にはこのシステムで戦っていくようですね。

デコとスターリッジが戻り、この前の試合で負傷退場したAコールは、プレー可能なようで先発でした。

先制点を奪ったまでは良かったですが、追加点は最後まで奪えずじまい。

逆に後半になってから、アポエルの反撃にあい、ツェフの好セーブと相手の拙攻に助けられ、なんとか1点のリードを守りきった試合になりました。

リバプール戦に向けていい状態とは思えませんね。

前節のリーグ戦からの悪い流れを払拭出来ずじまいでした。

ドログバがいなくても、アネルカが結果を残してくれるようになったのは嬉しいですがね。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 18:01| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結果はよかったですけど、内容が良くありませんでしたね
結果オーライという言葉が一番似合う試合

この試合見てたらリバプール戦が心配になってきました
Posted by ヴィンセント at 2009年10月02日 19:48
>ヴィンセントさんへ

とても心配ですね。負けるとそのまま失速してしまいそうです。
Posted by shimada at 2009年10月02日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック