2009年07月18日

インテル FCバルセロナとイブラヒモビッチの移籍交渉



ビッグトレードか?




詳細は実際にトレードが実現してから書こうとは思いますけど、バルサもレアルの補強を散々非難していたのに、現実にやっていることはレアルと大差ないですね。

レアルの金銭のみと違って、トレード選手を織り込んでいるとはいえ、インテルがイブラに設定した破格といえる移籍条件を満たそうとしているのですからね。

トレード選手の市場価格を含めれば、カカとロナウド並みの金額になるでしょう。バルサもレアルと同じように移籍金の高騰の要因を作ってしまいました。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 16:06| ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スター選手でもあるズラタンを放出するのは商業的損失あるかもしれませんが、FWがエトーの方がモウリーニョ監督は喜ぶかもしれませんね?
おまけに金銭も入ってきますし。
バルサは…やはり銀河系軍団に触発されたのかな?
前線からのプレスが弱くなりますね。
Posted by あやっくす at 2009年07月18日 23:52
エトー+フレブ+4000万ユーロらしいですが、正直インテルが得じゃない?
どうしてもエトーを売りたかったんでしょうね
Posted by ヴィンセント at 2009年07月19日 07:55
>あやっくすさんへ

バルサはプレスは弱くなりそうですが、攻撃の幅は広くなりそうですね。インテルに金銭は入ってきますが、エトーの高額年俸に消えそう(苦笑)。

>ヴィンセントさんへ

ベップはプレースタイルでは、エトーよりもイブラの方をかっていましたね。
Posted by shimada at 2009年07月19日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

インテルのイブラヒモビッチ「バルサからのオファーは興味深い」
Excerpt: インテルのズラタン・イブラヒモビッチは、実現が近いと見られるバルセロナへの移籍について、素直に興味を示した。 現在インテルの米国遠征に参加中のイブラヒモビッチは、加熱する報道の中での心境をこう述べ..
Weblog: 徒然ニュース
Tracked: 2009-07-22 12:29


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。