2009年07月16日

UEFA ドログバとボジングワの出場停止処分を1試合軽減



上訴してみるもんですね。



処分が軽減されたことには素直に喜びたいです。ドログバとボジングワにはこれに懲りて、軽率な行動をしないでもらいたいです。


20歳のマティッチ、チェルシーのオファー認める

チェルシーのMFはもともと3センターで戦うには、人数不足な所がありましたので、この選手の実力はさておき大歓迎ですね。

鉄人ランパードがフル稼働していたので目立たなかったですが。バラックも30代ですし、このポジションの補強は必須です。

それに、チェルシーのMFの年齢層を考えても若手の選手は必要でしたので、いい補強になるのではないでしょうか?


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 21:44| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ!
猶予期間が長くなったのは気になりますが、1試合でも少なくなったのは嬉しい事ですね!

マティッチはうまく正式に決まると良いですよね。
仰る通り、ランパードが昨シーズンは鉄人ぶりを発揮してから、あまり気にならなかったですが、今シーズンはアフリカネイションズもあるしで、3センターの人材確保はして欲しい所です。
それともシステム的に違った事をするんでしょかね、アンチェロッティは。
まぁそれでも良い中盤の選手は欲しい所です。
Posted by たふた at 2009年07月16日 23:18
今回の処分軽減…やはりあの試合のジャッジに対し、UEFAも選手に同情するところがあったのでしょうか?(^_^;)
Posted by あやっくす at 2009年07月17日 00:07
マティッチは獲得できれば最高ですね。
これでピルロの噂もなくなればもっと最高
Posted by ヴィンセント at 2009年07月17日 20:17
>たふたさんへ

アンチェロッティはミランシステムで戦うぽいですね。いずれにしろ3センターでしょうがね。

>あやっくすさんへ

時間がたって恩情が沸いたのかも

>ヴィンセントさんへ

ピルロの噂は早く消えて欲しいですね。
Posted by shimada at 2009年07月18日 09:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。