2009年04月23日

チェルシー エバートンと引き分け優勝は絶望的に



さすがにギブアップですね。




この引き分けで、チェルシーの優勝の芽はなくなりました。とても残念な結果ですが、仕方ありません。まだ、CLとFAカップが残っているのでそちらに集中するのも手です。

この試合、相手はエバートンでした。奇しくもFAカップ決勝の前哨戦になりました。

エバートンは、マンUの2軍相手だったといえ勝利で勢いにのっていたせいか強かったですね。

後半疲れで失速するかもと思っていましたが、中2日でアウエーとは思えない戦いぶりでした。

守備がとても堅く、最後までチェルシーにゴールを許しませんでした。

チェルシーは終盤に猛攻をかけましたが、ドログバのシュートがクロスバーを叩くなど、ゴールを奪えませんでした。守備でも崩されて、危ない場面が多々あり、負けなくて良かった試合でした。

メリスというよく知らない選手がベンチに入っていました。イングランドU−19代表らしいですね。MFでありながら、DFでもプレーできるようです。

カルバーリョはハムストリングをまた傷めたようですね。バルサとの第1戦にも間に合わないようです。アレックスで大丈夫でしょうか?

ボジングワも長引いています。右SBがイバンのままだと守備が不安ですね。バルサ戦に向けて不安が積もる一方です。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 22:21| 🌁| Comment(5) | TrackBack(1) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒディンクも現実を考えてギブアップしましたね。
今後は念願の欧州制覇に向けて全神経を傾けてくれるでしょう。
Posted by hirosixx at 2009年04月23日 22:49
>hirosixxさんへ

そうしてくれることを期待しております。
Posted by shimada at 2009年04月23日 23:17
こんばんわ!
残念ですが仕方ないですね。
まだ2つのタイトルがありますから、全力で取りにいって欲しいです。

そういえば知らない若者がベンチ入りしてましたね。攻撃的なMFみたいですが、DFもやれるんですね。ディサントも途中で出てましたが、ある程度リーグ戦は若手も使って欲しいです。

カルバーリョはまたですか。
サブにもいなかったのでまさかとは思いましたが、心配ですね。



Posted by たふた at 2009年04月24日 00:33
今はまだなんとかやりくり出来てますが…これ以上の怪我人は出ないよう願いたいですね。
Posted by あやっくす at 2009年04月24日 01:15
>たふたさんへ

カルバーリョをバルサ戦で使えないのは非常に痛いです。ディサントはもうちょっと出番が欲しいところです。

>あやっくすさんへ

そうですね。特にランパードとドログバは代えが効かないので離脱しないように願いたいです。
Posted by shimada at 2009年04月24日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ギブアップ宣言〜 プレミアリーグ第30週 チェルシー VS エバートン
Excerpt: FAカップのファイナルの前哨戦となった一戦ですが、優勝戦線に踏みとどまる為には絶対に勝たないといけない状況にチェルシーはありました。選手のターンオーバーよりもその時の流れやテンションの持続を重視するヒ..
Weblog: Hirosixx's Football Review
Tracked: 2009-04-23 22:40


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。