2009年03月01日

チェルシー ランパードの決勝点でウィガンに勝利



いつの間にやら、2位浮上



CL出場権が危ないと騒いでいた時期がありましたが、いつの間にか2位浮上。

リバプールが失速気味なのもありますが、ヒディングになってからのチェルシーは、上昇機運であるのは間違いないようです。

試合内容は、過去2試合と比べても低調でしたが、ドロー濃厚の中でロスタイムに勝ち越しゴールを上げるなど、昔の勝負強さが戻ったような感じがしました。

マンシエンが右SBで先発しましたね。イヴァノヴィッチ、フェレイラ、ベレッチなどもできますけど、ヒディングの中では、ボジングワに次ぐ2番手は彼なのでしょうか?

この試合のヒディングは、浮かなかったでしょうね。ベレッチを入れて守備固めをして、マンシエンを代えてクアレスマを入れた途端失点してしまいましたからね。

マンUは消化試合が1つ少ない状態で7ポイント上にいますので、追いつくのはかなり難しいですが、2位は死守してもらいたいです。

テリーとランパードが得点を入れましたが、ランパードは今季も二桁得点到達。テリーはチェルシーの歴史の中でDFとして最多得点者になったそうです。おめでとうございます。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 09:27| ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ!
危ない試合でしたね。
どうもウィガンとの試合はこんな感じが最近多いですよね。
昨シーズンの借りを返すべくダブルですし、この3ポイントは大きいですね。
ランパードは本当頼りになる男です!!
Posted by たふた at 2009年03月02日 00:21
テリーは歴代DFの中で最多得点者ですか〜。
いや〜凄いことですね!
ランパードも決勝点を決めてくれたのも嬉しいですし
なんといっても勝ちたい執念が身を結びましたね。
Posted by 銀杏 at 2009年03月02日 16:11
右サイドバックはかなりいますけど、マンシエンがセカンドチョイスっぽいですね
彼はチェルシー一筋の人ですから、これからもどんどん使ってほしい
Posted by ヴィンセント at 2009年03月02日 18:32
>たふたさんへ

ランパードは最近調子がいいですね。

>銀杏さんへ

執念というか勝負強さが戻ってきました。

>ヴィンセントさんへ

個人的にはCBで使ってもらいたいところなのですがね。
Posted by shimada at 2009年03月02日 22:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ヒディンク・マジック? 〜プレミアリーグ第25週 チェルシー VS ウィガン
Excerpt:  ヒディンク就任以降3連勝と徐々に良かった頃のチェルシーが戻って来た感がありますが、ミッドウィークのユベントス戦から中2日で曲者ウィガンとの対戦ということで、かなり苦戦するんじゃない..
Weblog: Hirosixx's Football Review
Tracked: 2009-03-01 14:32


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。