2009年02月21日

まぶらほ〜じょなんの巻・よん〜富士見ファンタジア文庫

まぶらほ じょなんの巻 よん.jpg


玖里子さんも凜さんも浮気は絶対に許しません!

紅尉晴明が作った惚れ薬。

それを手にした玖里子と凜は、どちらが和樹に飲ませるかで喧嘩を始めてしまう。

小競り合いの末、薬はコーラの中に。

それを帰宅した夕菜が飲んでしまい、ふたりの最悪な日々が始まった──。



この巻では、正に普段和樹が味わっている地獄を玖里子と凜が体験している感じです。

他の女と話しているだけでも浮気とされてしまう玖里子と凜。結局、薬が切れるまで追い回される事となりました。

あとはかおりの短編と、凛達が恋の相談に乗るというお話がのっています。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 21:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

まぶらほ〜じょなんの巻・よん〜の感想レビュー(ライトノベル)
Excerpt: 富士見ファンタジア文庫のラノベ、『まぶらほ〜じょなんの巻・よん〜』(築地俊彦先生原作、駒都え〜じ先生イラスト)が発売中です。 ドラゴンマガジン誌に連載された3本の短編に、書き下ろし2本を加えた構成で..
Weblog: gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
Tracked: 2009-02-23 23:54


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。