2008年12月29日

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 ナイトオブラウンズ 角川文庫

ナイトオブブラウンズ.jpg


謎多き『ナイトオブラウンズ』の日々の一端が明らかに

身分など関係なく実力が全ての皇帝直属の騎士『ナイトオブラウンズ』。

皇帝にゼロを引き渡した功績でラウンズ入りを果たした枢木スザクを始め、謎多きラウンズたちの日々を描いた、もうひとつの『R2』の世界!



<感想>


前章の2章では、アーニャとジノの人となりが詳しく書かれていますね。

特に、アーニャが純白のドレスを着ている姿はいいですね。

キーマンとして、秘書官のベアトリスがよくでてきますね。ナイトメアに乗らなくなってわけはなんでしょうかね。マリアンヌいわく、才能は、ノネットとコーネリアよりあるようだしね。

3章では、ルルーシュが死んだ後の世界がセシルとミレイの口から語られています。賠償問題などいろいろ大変のようです。ゼロの事が語られていなかったのが気になりますが

最終章は、マリアンヌの強さ、意外性が語られていますね。しかし、この頃からどうも頭がおかしかったようですね。自分の息子を虫けらのように見るとは


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 17:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 ナイトオブラウンズ 感想
Excerpt:  小説版コードギアス R2の番外編。ジノ・アーニャの番外編に加え、本編最終回後のアフターストーリーと、閃光のマリアンヌ誕生の物語の4本立て。読みやすく、それでいて重厚な展開は、読んだら止められないおも..
Weblog: モーション・グリーンΣ
Tracked: 2009-01-07 23:00


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。