2008年12月15日

チェルシー ウェストハムと引き分け首位浮上ならず



またも仲良くお付き合い。



つい以前に、ビック4が揃って負けてしまったことがありました。

今節でビック3が揃って引き分けたので、今度もチェルシーは、引き分けでお付き合いしたりしてと半分冗談で考えていましたが、現実に起こってしまいました(苦笑)。実にもったいないです。

首位浮上の絶好の機会を逃してしまいました。しかも、本拠地で結果を出せないという悪循環も続いています。ホームでは9試合でわずか3勝とは寂しい。しかし、この結果で勝ち点1差の2位につけているのは幸運でしょうね。

この試合ですが、とにかく先制されたのがチェルシーには痛かったですね。今シーズンのチェルシーは、先制された後に、逆転するという試合があまりないので、劣勢の展開になると追い込まれてしまいます。

ゾラの率いるチームにしてやられるというのは、複雑ですね。ウエストハムの堅い守備の前に、チェルシーは猛攻をしかけますが、追加点を奪えず。

試合運びはよかったのですが、ゴールは遠い。そして、一瞬の隙をつかれて失点という、チェルシーの典型的な駄目な試合。シュート数は多かったですが、相手GKのセーブを迫らせるようなシュートは少なかったですね。

ただ、ドログバが使える目処がたってきたのは唯一の収穫です。アネルカとの優先順位や2トップにした場合に、中盤の誰を削るかが頭を悩ましそうですが。アネルカには悪いですけど、やはりドログバとは存在感と威圧感では劣ると思います。

ミケル→ベレッチの交代は、どうなの?と思いました。ベレッチ一人に中盤の底を任せると、かえって守備に人がさかれる気がしました。攻勢にでるならDFを削った方がいい気がします。

バラックの調子が悪かったので、ドログバ投入はよかったと思いました。もっと早く投入してもよかったかも。

フェリポンはフィニッシュが悪かったと言っていますけど、まあその通りですね。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 18:14| 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベレッチの投入はミドルシュート狙いでしょう
でもあの交代にはちょっと疑問が残りましたね
Posted by ヴィンセント at 2008年12月16日 17:04
ワンチャンスで先制点を許したのが痛かったですね・・・
ベレッチの投入もあまり効果的ではなかったような^−^;
Posted by 銀杏 at 2008年12月16日 19:18
こんばんわ!
本当典型的な駄目試合でしたね。
ボールまわしはいいんですが、肝心のゴール前が相変わらずでした。

ベレッチの投入はちょっと?でしたね。
Posted by たふた at 2008年12月16日 20:25
>ヴィンセント、銀杏、たふたさんへ

ベレッチを投入する意図はわかるのですが、ミケルと交代という形に疑問が残りました。


Posted by shimada at 2008年12月16日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

チェルシーvsウェストハム ユベントスvsミラン
Excerpt: ■プレミアリーグ チェルシー 1−1 ウェストハムアネルカ(後半51分)    ベラミー(前半33分) せっかくゾラがスタンフォードブリッジに帰ってきたのにドロー・・・せっかくリバプールがドローで..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2008-12-16 17:03


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。