2008年10月11日

アスラクライン(11) めぐりあい異世界

fさghなg.jpg


待望のアニメ化決定! 人気シリーズ最新刊!!

機巧魔神《鋼》との戦闘に敗れ、一巡目の世界へと飛ばされた智春。

傷つき、たった一人で異界の街を彷徨う彼が出会ったのは、人々に「魔女」と呼ばれている呪符使いの少女だった。

元の世界によく似ているが、なにかが違う異世界の姿に混乱する智春。

それに追い打ちをかけるように現れたのは、かつて《黒鐵》の中で消滅したはずの少女、橘高秋希。

そして智春と再会した奏の身体に起こっていた異変とは──? 一方、姿を消した操緒の行方は……!?

アニメ化決定! そして「コミック電撃大王」でのマンガ連載もスタート!! 謎が謎を呼ぶ大人気スクールパンク、大波乱の第11弾



奏は、普通の人間になりましたね。正確には、アニアが1巡目の奏の体と魂を入れ替えたのだが。

魔女とはアニアでしたね。一人だけ、5年前の世界に飛ばされて智春達の事を待っていたようです。体は成長しましたが、性格はあまりかわってないようですね。機巧魔神を開発したのはアニアだったというのは、皮肉なのかな。

橘高秋希は、考え方がやはり武士みたいな考えですね。お約束のお色気もありましたね。それと、佐伯妹はこの世界でも、智春のことが好きなようです。


ブログパーツ

アクセスランキング
posted by shimada at 09:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アスラクライン11巻〜めぐりあい異世界〜の感想レビュー(ライトノベル)
Excerpt: ・電撃文庫のラノベ『アスラクライン11〜めぐりあい異世界〜』(三雲岳斗先生原作、和狸ナオ先生イラスト)が発売中です。 あきづきりょう先生による漫画化が発表されたのもつい先日、と思っているうちに早くも..
Weblog: gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
Tracked: 2008-10-17 18:58


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。